HOME > 見えない矯正 > 矯正日記

矯正日記 リンガルブラケット その①

リンガルブラケットとは?

DAN矯正歯科クリニックトリートメントコーディネーター、吉永です。
裏側矯正を選んだ理由は、誰にも気づかれたくないからとの事でした。院長の診断と、本人の「口元を引っ込めたい」という希望を考慮して、抜歯は上下左右4番になりました。

右の5枚の写真は、吉永さんの初診時の口腔内写真です。治療は、まずデコボコをとるところから始めました。また、奥歯はなるべく動かしたくなかったので、少し早い段階でミニインプラントをしました。


 
 

初診時
 

 


装着時

初診時

ミニインプラント埋入後

装着時


上下ブラケット装着時
上下とも、裏側に装置をつけた時の写真です。
ご覧の通り、全く見えません♪

 

リンガルブラケットのメリット

『装着後、見た目には全く見えませんでしたが、サ行やラ行、またザ行の発音が難しかったです。
しかし、積極的に会話をするように心掛け、約1週間で慣れる事が出来ました。
ミニインプラントは、見た感じとても痛そうでしたが、実際に埋入してみると、痛みもなく治療時間もほとんどかかりませんでした。
また、私は裏側に装置をつけているので、同時にホワイトニングも行っています♪
歯並びや歯の色が毎日少しずつキレイになっていく事への喜びでいっぱいです。一緒に頑張りましょう!

 

リンガルブラケットのメリット

左の写真は、装置をつけてすぐの写真です。ねじれのある部分は、透明の小さな装置をつけています。
次回は、透明の装置も通常の装置に変えていく予定です。早く動くといいですね♪頑張れ、吉永さん!

→次回の治療状況へ

Page Top