HOME > 見えない矯正 > 矯正日記

矯正日記 リンガルブラケット その③

当院を受診されたきっかけは、デコボコを治したい・前歯で物が噛み切れないという理由からでした。

抜歯は、上下顎左右4番に決まりました。

下の写真は、初診時の口腔内写真です。

治療は、デコボコをとるところから始めました。
歯の裏側は、もりあがっていたり凹んでいたり形態は様々です。
場所によっては装置がつかないので、そういった時は、形態を整えます。
治療上歯の形態を整えても、裏側矯正ではそういった治療の痕が、全然見えません!
この方も、まず小さな透明の装置で歯の重なりをとってから、形態修正をして装置をつけました。
もちろん、痛みは全くありません♪ここまで並べるまでに使用したワイヤーは、上下顎共に3本でした。


 
 

初診時
 

 

リンガルブラケットとは?
装着時
 
リンガルブラケットとは?
装着時
リンガルブラケットとは?  
リンガルブラケットとは?
リンガルブラケットとは?   リンガルブラケットとは?
リンガルブラケットとは?
 
リンガルブラケットとは?

リンガルブラケットとは?

 
リンガルブラケットとは?
開始約3ヶ月
リンガルブラケットとは?
 
リンガルブラケットとは?
開始約3ヵ月半後
   

 



初診時 正面 現在 正面
(上下ブラケット装着4ヶ月後)

 

リンガルブラケットのメリット

サービス業なので、他の人から全く見えないのが嬉しいです。
私の場合、痛みはほとんどありませんでした。毎日少しずつ動く歯を見るのが、最近の楽しみです。

 

リンガルブラケットのメリット

治療と平行して、舌の癖を注意する事で正面の印象がグッと変わりました。ここまでで、約4ヶ月です。
正面から見ても、矯正をしている事は誰にも分かりません♪
これから、お顔の印象もどんどん変わってきますので、楽しみにされていて下さいね!

→次回の治療状況へ

Page Top