HOME > 見えない矯正 > 矯正日記

矯正日記 リンガルブラケット その⑫

当院を受診されたきっかけは、デコボコを治したいとの理由からでした。

抜歯は、上顎左右4番に決まりました。

下の5枚の写真は、初診時の口腔内写真です。


 
 

初診時
 

治療は、デコボコをとる所からはじめました。
なるべく早く、正面の印象を変える為に表に小さな透明のボタンをお付けして表と裏の両方から糸切り歯を引っ張ってきました。
そのお陰で、約2ヶ月半で正面の印象はグッと変わりました。
この小さな透明のボタンに関しては、患者様のご意見を尊重し当院では付けるか付けないかは患者様に選択して頂いています。


 
装着時
 
装着時
 
 
 
 
 
 
 
開始約3ヶ月半後
   
開始約4ヶ月半後
   

初診時側方観
 
現在の側方観
初診時側方観と現在の側方観
(約4ヶ月半後)

 

リンガルブラケットのメリット

はじめの内こそ、デコボコの強い歯が何箇所かありましたが
今では少し固めのワイヤーも通せる位に並んできました。
糸切り歯も、表に小さなボタンを付けたお陰で約3ヶ月後には存在が消え
キレイに歯列に並んでしまいました。

→次回の治療状況へ

Page Top