HOME > 見えない矯正 > 矯正日記

矯正日記 リンガルブラケット その⑮

当院を受診されたきっかけは、デコボコが気になるとの理由からでした。

又、笑った際に八重歯が口元に引っかかる点も気になるとの事でした。

精密検査の結果、骨の状態や横顔のプロファイルを考慮して 抜歯をせず
矯正をスタートする事になりました。

下の写真は、初診時の口腔内写真です。


 
 

初診時
 


すでに、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますがこの方は前歯が1本足りません。
加えて、隣同士の歯が引っついている「癒合歯」があります。
「癒合歯」は生え方によっては、将来的に虫歯や歯周病になる可能性が非常に高いです。
こういう場合は、矯正治療で歯並びを整えておくと将来的にも安心です。

治療は、デコボコをとる所から始めました。
下の写真は、デコボコをとっていく様子です。
上顎に入っている装置は、クワドヘリックス といって歯列を側方に拡大する為の装置です。
はじめは、違和感がありますが すぐに慣れて頂けました。


 
クワドヘリックス装着時
 
ブラケット装着時
 
 
ブラケット装着時
 
開始2ヶ月後
 
 
開始4ヶ月後
 
開始5ヶ月後
 
   
開始6ヶ月後
   
 
   
開始8ヶ月後
   

 

リンガルブラケットのメリット

私は、はじめに他のクリニックへカウンセリングに行きました。
その際、抜歯が必要と言われ…なるべく抜歯をしたくなかったので ずっと悩んでいました。
そして、ダメ元でこちらに伺った所 抜歯をしなくても矯正が可能と言われたので ここで矯正をスタートしようと決めました。
院長先生をはじめ、スタッフの方は皆さん話しやすい方ばかりで 何でも相談ができ 安心して治療を受けられます。

私達のクリニックでは、院長をはじめ 矯正歯科の中でも 裏側の矯正専門のスタッフが揃っています。
抜歯などもそうですが、ご相談等ございましたら 是非カウンセリングにお越しください。
私達は、矯正を通して 患者様のお悩みを解決するお手伝いをさせて頂ければ と思っております。
見えない矯正で、こっそり歯並びを治しましょう!

現在の治療状況へ

Page Top